Uncategorized

TOEICで点数を上げるためのコツと攻略法

TOEICはあくまでも試験です。

試験である限り、対策が必要となってきます。

対策なしに英語だけを勉強しても、ある程度は点数取れるかもしれませんが、英語力がまださほどなくても、しっかりTOEICの攻略法を身につければ、高得点を練らくことが可能です。

生徒
生徒
条件がもっと良いところに転職したい!そのためにTOEICの点数を上げておいた方が良い!
生徒
生徒
TOEICの点数を上げて、海外を相手にする部署に移りたい!できれば海外駐在もしてみたい!

このような目標を持った方は特に、

いかに短期間でTOEICの点数を上げるか

が、重要となってきますので、実際にはTOEICで点数を上げて、チャンスをつかんでから、じっくり英語を勉強する、ということもできると思います。

TOEICの攻略法①:問題の傾向・パターンになれる

TOEICは試験であるからこそ、いわゆる「傾向と対策」に従って準備を進めることが絶大な効果を発揮します。

リスニングにしても、リーディングにしても大体、その出題形式や解答のポイント、土井打ったところでひっかけようとしているかは傾向があります。

ですから、とにかく問題をこなしていくことが大事なんですね。

生徒
生徒
まず、単語を覚えよう
生徒
生徒
熟語も勉強しておかないと

と思ったりして、問題に触れずに単語や熟語だけ覚えようとしたりする人もいますが、TOEICに関して言えば、これは間違いです。

TOEICの問題を解きながら、単語や熟語を理解して覚えていく、という方法が一番効果を発揮します。

TOEICの攻略法②:消去法を活用する

TOEICは、すべてが選択式の問題となっています。

そして、選択式の問題の中には、4択であれば、通常2択は「普通に考えてもありえない」解答となっています。

これは、今まで試験や受験勉強をやってきた方であればわかるかと思います。

ですから、正解を探すと同時に、明らかに違う回答は除外していくという練習をしていけば、実際の問題を解く際にも効率よく問題を解くことができます。

TOEICの攻略法③:リスニング わからなくても気にしない

リスニングのポイントは、仮にわからない問題が出てきても、その気持ちを次の問題に引っ張らないことです。

最初に、消去法で問題を半分に絞る。

そして、もっともらしいと思える答えをマークしておけばそれでよしとします。

ここで、分からなかったことに引きずられて、集中力やモチベーションが下がってしまうと、その後の問題にも大きく影響してしまいます。

この辺りは、やはり模擬試験などで本番の流れや雰囲気をつかんでおかないと当日焦ってしまいますので、注意が必要です。

TOEICの攻略法④:リスニング 問題と解答の選択肢は読んでおく

リスニングの後半の比較的長い会話やスピーチなどを聞く設問ですが、これもリスニングの台を説く上での鉄則。

問題と解答の選択肢を最初に読んでおくと、会話などを聞く際のポイントがわかり、正答率が圧倒的に上がります。

全く問題や解答の選択肢を見ないで、問題を聞き始めてしまうというのは避けましょう。

これも、普段から模擬試験などに取り組んで解答のトレーニングをしておくことで試験当日もあせらず取り組むことができます。

TOEICの攻略法⑤:リーディング 問題と長文になれる

リーディングのセクションで大事なのは、問題の傾向になれる、ということと長文になれる、ということです。

語彙問題などは、やはり普段から語彙力をつけておくことにかかる部分もありますが、文法問題は、傾向がありますので、問題を解きながら出題傾向に慣れれておくことが必要です。

また、最後の長文に関してですが、これは長文を読むことになれる、ということが大事になってきます。

英語の長文を読むことに慣れて、出題の傾向をつかみ、どこがポイントなのかを理解しながら読めるようになっていくトレーニングをすることが必要です。

これらのことを通してみても、TOEICの実際の問題傾向をつかみながら、関先生の講義で理解を深めていくスタディサプリであれば、限られたスキマ時間でTOEICを効率よく勉強できるという点で非常に優れた教材と言えます。

是非、まずは無料体験コースから試してみてください!

\簡単登録!まずは無料体験コースから/